2014年09月01日

ジョハリの窓

おはようございます。
3週間ぶりのブログアップとなる
少々サボりぐせのついた経営コンサルタントの村上です。

長月9月の始まりです。
毎朝必ず日は昇ります。
前を向いて進んで参りましょう。

さて
みなさんは「ジョハリの窓」をご存知でしょうか?

ジョハリの窓とは、
4つの領域(窓)で対人関係を見える化することで、
コミュニケーションの円滑化を進めるためのモデルです。

<ジョハリの4つの窓>

1.開放の窓
 自分に分かっている & 他人にも分かっている領域

2.秘密の窓
 自分に分かっている & 他人には分かっていない領域

3.盲点の窓
 自分には分かっていない & 他人には分かっている領域

4.未知の窓
 自分には分かっていない & 他人にも分かってない領域

この4つの窓で自己の対人関係を認識した上で、
他人から「フィードバック」を受けて自分がまだ分かっていない「3の盲点の窓」を小さくし、
自分から「自己開示」を行って他人に分かってもらい「2の秘密の窓」を小さくすることで、
結果として「1の開放の窓」の領域が広がり、コミュニケーションが円滑化されるというものです。

新しい自分が発見できそうで、
なんだかとても興味深いこのジョハリの窓、
せっかくなので会社と顧客の関係に当てはめてみてはいかがでしょうか?

ハードルの高い大手企業と取引しているとか、
小回りの効くサポートが出来るなどといった目に見えにくい強みは、
なかなか顧客に伝わりにくいことから大半が「2の秘密の領域」に埋まっています。

積極的に「自己開示」すればいいのです。

自社は気づいていないけれど、
顧客から高く評価を受けている「3の盲点の窓」もきっとあるはずです。

「今更ですけど・・・なぜ当社と取引していただけるのですか?」
お客様から「フィードバック」を受ければいいのです。

あるいは社長が強みだと思っていても社員がそう認識していないため、
顧客にも伝わらないまま「4の未知の窓」に属している機会損失もあるかも知れません。

ジョハリの窓で会社と顧客の関係を見える化すれば、
日頃は悪い面ばかりに目を向けがちな社員に会社の持つ強みを気づかせることもできるのです。

実はこれが一番の効果だったりします。


さてみなさん、
ジョハリの窓で会社の新たな強みを発見してはいかがでしょうか?



・・・今週も引き続き"o"で始まるラジカセで聴きたいこの80'sです。
  当時のSONYは最強でしたね~

  さぁ、今日も元気出して一歩ずつ進みましょう!

  注:音が出ます
  




にほんブログ村 経営ブログへ



murakami_v70 at 06:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ビジネス 

2014年08月11日

営業日による競争優位

おはようございます。
経営コンサルタントの村上です。

今週からお盆休みだというのに、
コンビニはもちろん、飲食や物販店、
宿泊やレジャー施設、交通機関や金融機関などは、
お盆や日曜日も関係なく忙しく営業しておられます。

本当にご苦労様です。

ところがこれらの店舗や施設を顧客としている会社に目を転じると、
「盆正月と日曜祝日はお休み」のところが多く、
こうした会社が集積している卸団地は閑散としています。

であれば、
「当社は日曜日もやってますヨ!」

この一言が云えれば、
同業他社に対してかなり競争優位に立てると思いませんか?

もちろん会社は休まなくても社員は休まなくてはなりませんから、
シフト勤務やパート、アルバイトの活用など雇用面の見直しは不可欠ですし、
営業担当が不在でも顧客対応ができるよう、
情報の共有化や業務プロセスの標準化などの社内業務の改革が必要です。

日曜日は休みたいという社員もいるでしょうが、
一方で今でも日曜日に「サービス精神」で
顧客対応している営業担当者も少なくないのですから、
こうした改革をすることで、
休日に安心して休める労働環境を整備したほうが従業員満足は高まると思うのです。

当然これらの取り組みは時間がかかることですが、
それゆえに他社に追従されにくく競争優位を持続できるのです。

オンリーワンの商品があるとか、
卓越したビジネスモデルを有する会社などはほんの一握りであり、
ほとんどの会社が他社との差別化が図れないのが現状です。

出来るかどうかわからない新商品開発や、
結局は値段勝負にならざるを得ない新規顧客開拓よりも、
営業日を見直す、たったこれだけのことのほうが、
ハードルも低く、実現性も高い、とても有効な取り組みだと思うのです。


さてみなさん、
「盆正月と日曜祝日はお休み」という業界の常識に縛られていませんか?



こんなことを書いておきながら心苦しいのですが・・・


来週のブログはお休みさせていただきま~す!(汗)



・・・今週は"o"で始まるこの超有名バンドの数ある名曲から、
  私のむちゃくちゃお気に入りの楽曲をご紹介。

  20回以上テイクを重ねたというポールのシャウトがも~たまりません。

  注:音が出ます
  




にほんブログ村 経営ブログへ



murakami_v70 at 06:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ビジネス 

2014年08月04日

記憶より記録

おはようございます。
先週たった1回休んだだけで
ブログがすっかり億劫になった経営コンサルタントの村上です。

さて葉月8月に入ったばかりですが今週7日はもう立秋。

立秋までに済ませることと云えば、暑中見舞いなのですが、
今年はバタバタしていたのですっかり失念していました・・・

こんな私でしたが、
毎月欠かさずやっている習慣のおかげで、
なんとか残暑見舞いになる前に投函することができたのです。

その習慣とは、
前年同月のスケジュールチェック。

私はグーグルカレンダーをスケジュール帳として使っていますが、
月末になると次の月の前年のスケジュールを確認するのが恒例行事。

スケジュールには予定だけでなく実績も入力しているので、
去年のこの時期にはどんな仕事をしていたのか、
どんなイベントがあったのか、などなど、
振り返ることができるのです。

こうして先日7月31日の夜、
いつものように前年8月のスケジュールをチェックしていたら、

3日(土) 暑中見舞い 

という文字を発見し、あわてて準備をしたというわけです。

とはいえ
来年も立秋ギリギリに作業するようでは困ります。

そこで来年2015年のスケジュールの
今年より一週間早い7月25日(土)のところに、
「暑中見舞い」と入力しておくのです。

これで来年はもっとゆとりを持って準備できるハズです。

ちなみにペーパーのスケジュール帳ではこの来年の予定記入が出来ないので、
私はグーグルカレンダーが未来永劫続くことを祈りなから使い続けています。

このようにスケジュールを記録に残すことで、
今年はもちろん来年以降の活動の精度を高める努力をしているというわけです。

ビジネスにおいても、
毎年この時期にしか発注のないお客様への提案などに使えると思いますが、
会社の場合は、
チームで記録を共有できる場と、
記録を定期的にチェックする運用ルールが必要です。


記録より記憶に残るスポーツ選手はカッコイイですが、
仕事や人生を充実させるためには、
記憶より記録のほうがより効果的だと思うのです。


さてみなさんは、
記憶それとも記録、どちらでしょうか?


・・・今週は"n"で始まる楽曲。
  80’sのニオイプンプンのこのエレクトリックポップアーティストのデビュー曲をどうぞ。

  注:音が出ます
  




にほんブログ村 経営ブログへ



murakami_v70 at 06:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ビジネス